古典的で新しいミッドセンチュリーの魅力


クラシック感が逆に新しい「ミッドセンチュリーモダン」インテリアラグをご紹介します。
世界中で人気を維持し続けるミッドセンチュリーのインテリアは、シンプルながら時代を超越したデザインが特徴です。

デザインの多くは50年代当時のままで引き継がれており、不思議と新鮮さが感じられるテイストが世界中のコレクターを虜にしています。 現代の家やインテリアにとてもよく合いコーディネートが容易なところも人気の理由のひとつです。

当サロンでは、ミッドセンチュリー柄の中でも、特に個性的なデザインをセレクトしてご紹介しています。





ミッドセンチュリー輸入ラグのラインナップはこちら
 

ミッドセンチュリー・インテリアの発祥
 


 

ミッドセンチュリーは、1933年から1965年位までのアメリカにおけるクラシックなインテリア、製品、グラフィックデザイン、建築などのデザインムーブメントを指しています。
 

このムーブメントは、当時ドイツの「バウハウス」から多大な影響を受け拡大しました。バウハウスとは1919年にドイツのワイマールに設立された美術や建築に関する芸術専門スクールのことです。ミッドセンチュリー は、このスタイルに基づいて成長し、数多くの感性豊かなデザイナーを生み出しました。
 

ムーブメントが起こった根源は当時、第二次世界大戦の終結により、帰国した兵士とその家族が新しい住宅を持つ必要があったことから始まります。
 

都市の拡大が進んだ時代に新しくモダンな住宅が多く建設され、そこにマッチする家具の需要が急速に増えていったのです。
 

多くの新築住宅のために、バウハウスからインスピレーションを得たデザイナー達は、戦時からの材料と技術を使用し、 モダンでナチュラルな形の家具を作成していきました。
 

急速に住宅が増えるスピードは、1970年代初頭まで続き、新しい家具のデザインを次々と生み出しました。





代表的なミッドセンチュリーモダンスタイルの家具には、アルネヤコブセンによって作成された有名なエッグチェアや、チャールズとレイイームズによって作られたイームズラウンジチェアなどがあります。
 

デザインのほとんどは60年代後半に一旦ブームが集結しましたが、このムーブメントへの関心が80年代半ばに再び現れブームが再燃しました。 90年代半ばまでに、コレクターのニッチ市場は、元の時代のミッドセンチュリーデザインの人気を上回りました。
 

当時のモダンデザイナー達によってデザインされた作品は、その後を追うデザイナーを刺激し続けています。 当時のデザインからインスピレーションを得た家具も多く人気があります。
 

ミッドセンチュリー愛好家も世界中に多く、ビンテージデザインは近年ますます人気を集め、現在のインテリアの主流のひとつになっています。
 


ミッドセンチュリーモダンスタイルを取り入れるヒント
 


 

ミッドセンチュリーモダンスタイルは、アメリカのレトロな建築と家具のデザインを表すインテリアのカテゴリーです。

このスタイルの特徴は、古典的でカラフル、曲線を描くラインのアイテム、 木材、ガラス、ビニール、金属などの異素材を自由にコーディネートしていくところにあります。

具体的には当時を代表するデザイナーのクラシックなチェアをメインにテーブルを置き、古典的なミッドセンチュリー調のカラフルなデザインラグを敷き、最小限の装飾でミッドセンチュリースタイルが完成します。

クラシック感が逆に新しい、個性的な癒しの空間を手に入れましょう。

ミッドセンチュリー輸入ラグのラインナップはこちら



輸入ラグ・カーペット 海外オーダーサロン -IMPORT SPIRITS-
info@importspirits.com


>


ソリューション画像

verisign



「世界をコアに楽しむ」
日常のセレクト集




ハウジングバザール キラリ!生活情報